イライラが止まらない!育児中の旦那の飲み会問題




こんにちは!ゆるキャリワーママのうさぎです。

「細く長く働き続ける!」を目標に、現在1歳3ヶ月のこうさぎを保育園に預けて、日々ゆるゆると働いています。

先日twitterでこんなツイートが話題になっておりまして、、、

今となっては旦那を笑顔で飲み会に送りだすことが出来ますが、娘が新生児だった頃に同じことを言われて、「何も現状を理解してないんだこの人は・・・」と怒り狂ったことをふと思い出しました。

産後すぐの「出産祝い」と称した夫の飲み会に疑問をもっていた方はとても多いようで、このツイートは8万リツイートに12万のいいね!を集めています。

なんで「出産祝い」の飲み会はイラつくのか

育児に慣れていないため、夫の助けを待っている

新生児の育児は慣れないことがたくさん。母親たちは出産後の体の不調を抱えながらも、睡眠不足の中3時間おきの授乳をしたり、腱鞘炎になりそうな程抱っこをしたり、沐浴等のお世話をしたり、その間に家事をしたり、休憩する間もなく過ごしています。

1日わけの分からない生き物のような赤ちゃんと過ごし、育児ストレスの溜まった母親にとって、言葉の通じる大人との時間は精神安定上とても大切です。

ちょっと早く帰ってきて、食事の用意や洗濯などの家事を手伝ってもらえたらとても助かるし、夫には会社での仕事とは全然違うタイプの育児の大変さを理解してもらいたい。

生まれたての赤ちゃんは可愛いけれど、初めての育児というのは不安と疲れに満ちていて、「毎日決まった時間に帰ってくる」、ただそれだけで救われる部分もあると思うのです。

自分には一切の自由がないのに、夫が身軽に過ごせることへの不満

新生児は家から出しちゃいけない、首の据わっていない子を外に出したらかわいそう。

母親が外出しているといろんなことを言われます。

おむつ替えの設備があって、すぐに授乳できるような場所じゃないと外出出来ないのに、夫は思い付きだけで出かけようとする。

夫に子供を預けて外出してみても、おっぱいが張ってしまうからせいぜいドアtoドアで3時間のお出かけが精いっぱい。

妊娠中はもちろん、授乳中もお酒なんて飲めない。赤ちゃんがすぐ泣くからおちおち食事もとってられない。

妊娠中そして出産後、母親の行動はかなり制限されます

それなのに、何で夫ばかり自由に外出して好き勝手に飲み会に参加するのだろう、二人で育児はするものじゃないのか、そんな怒りがふつふつと湧いてきても当然かなと思います。

妊娠出産で辛い思いをしたのは男じゃないだろ!という怒り

初期のつわりを乗り越え、後期は重い体を抱え、出産の辛さを経験してやっと生まれてくる赤ちゃん。

ホルモンバランスも変わるし、今思い起こしても妊婦時代の体のコンディションは最悪でした。

半年以上に渡って女がしんどい思いをしている間、男性はいつも通りの体でいられる。

私はそれが羨ましくて羨ましくてしょうがないです。

私だって種だけ蒔いて可愛い赤ちゃんGETしたいーーーーー!!!!

じゃあいつからなら飲み会行っていいの?

産後の恨みは結構根が深いので、産後すぐの飲み会は夫婦円満のためには出来る限り避けるべきだと思います。

飲み会好きかどうか、どの程度の飲み会なら許容できるか、それぞれの夫婦によって適切な飲み会再開の時期は違うと思いますが、妻の体力がある程度回復して、育児ノイローゼ等の兆候がなければ、自分の良心の範囲で再開してもいいんじゃないかな。

もちろん翌日寝坊せず、二日酔いしない範囲でね(夫の二日酔いは自業自得の極みなので最悪だ)。

そして自分が飲み会に行っている間に、子どもの世話をしてくれたことへの感謝を忘れずにいてくれたら、「たまになら飲み会いっておいでよ♪」という気持ちになれる気がします。

ちょっと高級だけれども、めちゃくちゃ美味しいドイツ製ノンアルビール。飲めない時期のお供にどうぞ。

スポンサードリンク