赤ちゃん連れ旅行におすすめ!~娘1歳1ヶ月道後温泉編~




こんにちは!ゆるキャリワーママのうさぎです!

私たち夫婦は旅行が大好きなのですが、赤ちゃん連れだと準備は大変だし、どこに行こうかとっても迷ってしまいますね。

娘にとっての初旅行は7ヶ月の時に行った北海道。その後1歳でパパの単身赴任先に遊びに行き、今回の道後温泉は3回目の旅行になります。

初温泉、初旅館ということでどきどきしながら行きましたが、道後温泉はとっても赤ちゃんに優しくて楽しい温泉でした♡

道後温泉を選んだ理由

なんとなく関東から離れた温泉に行きたかったから!笑

温泉というと駅や空港から離れているところも多いですが、道後温泉は松山市内にあり、空港からもリムジンバスで40分とかなりアクセスが良いのです。

赤ちゃんとの旅行にはぐずり等の不安が付きまとうので、出来るだけ移動時間は短めが良いですもんね。

また、道後温泉はこどものお肌にも優しいpH値9のアルカリ性単純温泉!

「赤ちゃん天国」と銘打って、赤ちゃんの受け入れにも寛大な温泉地なんです。

道後温泉本館に行ってみた

道後温泉のシンボル、道後温泉本館。せっかく道後に来たんだから、ということで入ってみました。

でも共同浴場なので、おむつのとれていない娘の入浴はお預けです。

道後温泉本館には入浴に際して4つのコースがあります。

・霊の湯 三階個室
大人1550円 小人770円(利用時間1時間20分)
セット内容:霊の湯、神の湯、貸浴衣、貸タオル、お茶、坊っちゃん団子、又新殿観覧

・霊の湯 二階席
大人1250円 小人620円(利用時間1時間)
セット内容:霊の湯、神の湯、貸浴衣、貸タオル、お茶、おせんべい、又新殿観覧

・神の湯 二階席
大人840円 小人420円(利用時間1時間)
セット内容:神の湯、貸浴衣、お茶、おせんべい

・神の湯 入浴のみ
大人410円 小人160円(利用時間1時間)
セット内容:神の湯

赤ちゃん連れだったので個室がいいなということで、ちょっと贅沢に霊の湯三階個室をセレクト。

そんなに広くはないけれど、畳敷きで眺めの良い落ち着いたお部屋です。

ここでお茶を頂きながら交代で子どものお世話をしつつ、無事温泉に入ることができました。

子供も丁度眠い時間だったので、お昼寝が出来て快適だったみたい。

個室は混み合うので、午前中に行くのがおすすめです。

宿泊は道後プリンスホテル

泊まったのは道後プリンスホテル。プリンスホテルという名前ですが、所謂プリンスホテルとは全く別の経営です。

赤ちゃん歓迎のお宿ということでセレクトしてみました。楽天トラベルで1人1万円ちょっとだったかな。

お部屋におむつゴミ箱を置いてくれたり、個室のお食事処では子どもの食事セットやバンボを準備してくれたり、子連れの扱いにはとても慣れていらっしゃる感じ。

他にもリクエストすれば子供用便座や、哺乳瓶の洗浄セットなんかも用意して頂けるみたいです。

こちらでは貸切風呂で娘も温泉デビュー♡

外見は少し古いホテルでしたが、お部屋は10畳でとても広くて綺麗。座布団もふっかふか!

夜ご飯もボリュームたっぷりで美味しくて大満足でした。子どもは白ご飯だけ頂いて、その上にBFをかけたものと取り分け少々。

朝食はバイキングで、こちらは1歳の子どもが食べられるものが沢山ありましたよ。

地味に嬉しかったのが、玄関と部屋の間にちゃんと襖があること!

うちの子は暗いところでないとすぐに起きてしまうので、子どもが寝たあとの旅館での過ごし方にはいつも困っていたのですが、子どもを寝かせた後、襖を閉めて玄関横で旦那とちょこっと飲み会を楽しむことができました。

帰り際に道後プリンスのゆるキャラ「ゆたま王子」と写真を撮ったよ。

子連れ旅行の持ち物リスト(1歳1ヶ月編)

今回私が持って行った荷物一覧は以下の通り。

・離乳食スプーン
・食事エプロン
・おむつ
・おしりふき
・ガーゼタオル
・パジャマ
・洋服2組
・肌着
・ベビーカー
・おもちゃ
・綿棒
・保湿クリーム
・赤ちゃん用ボディーソープ
・健康保険証&母子手帳
・歯ブラシ
・離乳食
・チェアベルト

これに加えて普通に大人の荷物があります。赤ちゃんとの旅行は荷物多すぎですね!

私の旅行イチ押しアイテムはチェアベルト。

これがあれば飛行機の中やバスの中でも両手が空くのでとっても快適です。

まとめ

子連れ旅行は荷物が多くて大変だけれども、赤ちゃん歓迎のお宿なんかも数多くあり、場所を選べば小さい子供との旅行も楽しめますね!

道後温泉はお湯よし、アクセス良しで、食事も鯛めしにじゃこ天、柑橘類と美味しいものが揃っています。

道後温泉本館は2018年秋以降は保存修復工事に入る予定なので、現在の道後温泉が楽しめるのは今だけ!

また、2017年9月には「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」もオープンしたみたいなので、また行ってみたいなーと思っています。

スポンサードリンク